笹原金型は、自動車用プレス金型の設計・製作を行う、愛知県の金型メーカーです。「再現性のある金型づくり」をコンセプトに、超ハイテン材やアルミ材のトランスファー金型を数多く手掛け、中国、韓国、インドネシアへ事業拡大。世界中から高い評価を頂いています。

先輩の声 品質管理

先輩の声 品質管理 | 採用情報 | 笹原金型株式会社

先輩の声 品質管理 | 採用情報 | 笹原金型株式会社

品質管理

品質管理

佐藤 加奈

品質保証課

佐藤 加奈KANA SATO

入社年月:2020.4
出身校:名城大学 経済学科

Q1.ご自身の仕事内容を教えてください

主にプレス加工製品が、精度を満たしているか検具を使って測定・検査をしています。
プレス加工製品の精度が不合格な場合、精度解析の見込み・展開改修を繰り返すことで金型機能を向上させます。いずれは精度解析ができるようにコツコツと経験値を増やしていきたいと思っています。

Q2.仕事のやりがいを教えてください

初品検査から終了検査までの過程で、自分で測定したプレス加工製品の精度が向上しているときにやりがいを感じます。これは、会社全体で改修することにより、良品な製品ができているからと思い嬉しいからです。

Q3.入社の決め手やきっかけを教えてください

地元瀬戸市と、自動車に関連するモノづくりの会社に就きたいと思っていました。
決め手として会社説明会の際、文系にも関わらず事務職以外の設計等に携われると伺ったこと、
会社案内をしていただいたときに職場の雰囲気に好感を持ったことです。
また、入社してここで働く自分の姿が見えたからです。

Q4.入社してからのキャリアと今後の目標についてお聞かせください

入社してから一年にも満たない未熟者ですが品質管理を担当しています。
今後の目標は、知識を積み上げていくことです。
今は目の前の製品を測定をすることと、社員同士の会話を盗んで理解しようとすることでいっぱいです。
情報量がまだまだ少ないため、今後も知識を吸収し一任してもらえるような人になりたいと思っています。

佐藤 加奈佐藤 加奈