笹原金型は、自動車用プレス金型の設計・製作を行う、愛知県の金型メーカーです。「再現性のある金型づくり」をコンセプトに、超ハイテン材やアルミ材のトランスファー金型を数多く手掛け、中国、韓国、インドネシアへ事業拡大。世界中から高い評価を頂いています。

先輩の声 設計・NCデータ

先輩の声 設計・NCデータ | 採用情報 | 笹原金型株式会社

先輩の声 設計・NCデータ | 採用情報 | 笹原金型株式会社

設計・NCデータ務

設計・NCデータ

  • 技術課設計技術課設計
  • 金 恩我金 恩我 kim euna
  • kim euna入社年月:2012.10 出身校:ソウル科学技術大学校 工学部製品設計金型工学科
  • 入社年月:2012.10 出身校:ソウル科学技術大学校 工学部製品設計金型工学科
金 恩我

Q1.担当している仕事は?

設計者として毎日図面を描いています。トランスファーと呼ばれる金型では、ひとつひとつの製品を掴んで次の工程へ運ぶための装置が必要となります。私が主に担当しているのは、金型の設計ではなく、これらトランスファー金型の関連装置の設計です。

Q2.仕事のやりがいは?

白紙の図面から自分の手で図面を完成し、きっちりと作られた実物を目にする時は清清しい気持ちになります。お客様や使用する生産機によって、設計する上での仕様は様々です。何事も最初は難しく慣れない仕様に試行錯誤することもありますが、次第に不良のない図面が描けるようになると、学んだ甲斐もあり、仕事が楽しいと感じる瞬間です。

Q3.入社の決め手やきっかけは?

大学で金型設計を学び、韓国支社に入社しました。現在は、日本本社に勤務しています。日本語、韓国語、中国語、英語の4ヶ国語を使って日々仕事をしています。自国を離れて働くということはなかなか簡単なことではありませんが、より多くを学べる機会であり、この環境に満足しています。

Q4.入社してからのキャリアと今後の目標は?

設計者のミスによって、金型を修正しなければならないケースがしばしば生じています。現場で実物の金型をつくる作業者が、理解しやすく、正確で素早い作業ができるような図面を描くことが、設計者としての責任と義務であり、私の目標です。

金 恩我金 恩我

  • 工機課 2D CAM工機課 2D CAM
  • 近藤 里絵近藤 里絵 satoe kondo
  • satoe kondo入社年月:2015.10 出身校:愛知教育大学 教育学部造形文化コース
  • 入社年月:2015.10 出身校:愛知教育大学 教育学部造形文化コース
近藤 里絵

Q1.担当している仕事は?

主に金型の、鋼材や鋳物のNCデータを作成しています。金型設計の図面をもとに、鋼材や鋳物に穴を開けたり形づくったり、機械で部品が製作できるよう2DのCAD/CAMソフトを使って加工プログラムを作成しています。

Q2.仕事のやりがいは?

自分の思い描いたものが、実際に出来上がるのは嬉しい。プログラムはある程度自分のペースで仕事ができるので、子育てをしている私はとても助かっています。仕事と家庭のバランスを保っていられるからこそ、やりがいを感じて仕事に取り組めています。

Q3.入社の決め手やきっかけは?

前職は医療事務をしていましたが、病院勤務は夕方から夜にかけての仕事もあり、私の生活には合いませんでした。今は、多少残業があっても早い時間に家に帰ることが出来ています。

Q4.入社してからのキャリアと今後の目標は?

入社してずっと2Dプログラムを担当しています。特別な知識もなかったので初めは不安でしたが、入社してから機械や工具にふれることで徐々に覚えていきました。金型業界は日々進化しています。それについて行けるよう、自分自身もステップアップし続けていきたいです。

近藤 里絵近藤 里絵